本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

本文へジャンプします。
ID

パスワード

食のイベントカレンダー

生産者の取り組み

おきたま食の応援団会員募集

レシピ集

産地通信

産地通信(ウェブ限定版)

ライブラリ

メルマガ

動画で知る!おきたまの食材情報

グリーンフラッグ店お得情報

リンク集

生産者の取り組み

生産者の取り組み
取組みファイル008

「窪田なすは、この地区の象徴」

渡部照子さん

 

 

 米沢市窪田地区に、代々栽培され続けているなすがあります。

 「窪田なす」は、初代藩主の上杉景勝公が会津から米沢入りした時に伝えられ、家臣である直江兼続が窪田町の家中の武士に作らせたのが始まりだと言われています。

 

 かつて窪田町ではどの農家も栽培していたという窪田なす。現在ではその栽培者は数軒に減ってしまいました。今回、貴重な生産者のひとりである渡部照子さんに、お話をお聞きしました!

 

 

 

― 窪田の土地の野菜事情 ―

 

 「こごさ嫁に来たどぎがら窪田なすは作ってだったなっし」

 高畠町のご実家は蚕屋さんだったという照子さん。窪田地区へお嫁に来た時には窪田なすが栽培されていました。その窪田なすの育て方は、代々伝わってきた方法を教えてもらったそうです。

 

 窪田地区は、かつて自給自足の暮らしが基盤でした。米沢市街地に近いことから、昔から野菜を供給する役割を果たしてきたそうです。その頃は、米沢市内から業者がリヤカーで野菜を取りに来ていたそうで、窪田なすもほかの野菜同様に業者に販売していたそうです。

 

 窪田なすの種は、漬物の販売を行う『三奥屋』さんが提供してくれるのだとか。3cmほどの大きさで収穫し、へたを取った状態で三奥屋さんに出荷し、こうじ漬けやからし漬けに加工され、販売されています。漬物にするには、このくらいのサイズにすることで窪田なす独特のぱりっと固い食感が残るのだとか。

 

 収穫は、菊の収穫がはじまるお彼岸の頃まで行われます。また、冬の保存食として「なす干し」も作られます。切り方はなすにより違うそうですが、窪田なすの場合は縦切りにして干されるのだそうです。

 

 

― 小さく育てて漬物に、大きく育てて料理用に ―
 

 

 照子さんの畑で栽培される窪田なすはほぼすべてが三奥屋さん用で、自宅用に栽培しているのは10本ほどだとか。漬物用には小さい状態(3~4cm)で出荷しますが、自宅で食べる分はもうすこし大きく(5cmほど)育てるのだそうです。大きく育て火を通すと、窪田なすの皮が柔らかくなるのだとか。

 

 おすすめの食べ方は、甘味噌で炒めたなす焼き。甘さを加えた味噌だれで炒めると、なすの食感と相まってとてもおいしいのだとか。半分に切って皮に切れ目を入れ、素揚げして味噌田楽のようにして食べてもおいしいのだそうです。

 

 

 

― 伝統を受け継ぎ、つなげていく ―

 


 かつてなすと言えば窪田なすが一般的だった時代がありました。しかし皮が固いため、現在では薄皮丸なすが主流となっています。その影響から、現在窪田なすを栽培し続けているのはほんの数軒となってしまいました。

 

 このことを受けて、「JA山形おきたま」「マルマゴ(内藤醸造株式会社)」は、今年より窪田ナスを守るために栽培者を増やす試みを行っています。今年は、栽培者の方々に試みとして数株を栽培してもらいましたが、まだまだ十分な収量ではないようです。今後は、栽培者をさらに増やしながら、作付け量も増やし、収穫量を増やすことによって、昔から守り続けられてきた伝統野菜の味を守っていきたいとのことです。
 
 この地に根付き守られてきた、窪田なす。窪田小学校の校章は窪田なすの葉と実がモチーフとなっているほど、昔からこの地域のシンボル的存在です。これからもその伝統が守られ、おいしい窪田なすと出会える機会が増えることが楽しみです!

 

(取材日:2013.7.4)

取組ファイル010
「たくさんの人にうこぎを知ってもらうために」
うこぎの町米沢かきの根会 内藤次夫さん
取組ファイル002
「栽培発祥の地で、最高のおかひじきをつくる」
南陽おかひじき部会

ページの先頭へ

おきたま食の応援団会員募集